後援会組織づくりへ
「勝って兜の緒を締めよ」という言葉がありますが、いましみじみと感じてます。「自分は締めたつもりになっていたんだ」と。伊敷地域をずっとまわりながら、いろいろ声をかけられることも多くなり「何かするときには声をかけて」と言われることも多いことから、何かしようと考えました。
現職時代に一緒に活動していた某県議を訪ねて後援会組織づくりについて聞いたところ、彼の地元である町は小学校区が8つあり、その校区ごとに後援会組織をつくってあるとの事。自分より年長者の方ばかりで組織づくりのときは、ずっと頭を下げ回って大変だったが今となってみれば良かったとの事でした。
話を聞いているうちに、自分に足りないものが見えてきました。私にはまだ地元後援会組織がないことに気づきました。「よし、自分もやってみよう」と私も決意し、小学校区ごとに後援会組織をつくることにしました。
いつも相談している仲間と相談して 目標は西伊敷、伊敷台、伊敷、玉江の4つの小学校区と緑ケ丘で後援会組織をつくるのを目標に定めました。早速、西伊敷で8人の準備会を開きました。8人に集まっていただくにも、その方の在宅のタイミングにあわせて、相談にお邪魔して、じっくり話し込みました。
今月中に第二回西伊敷準備会と伊敷準備会を開きます。とにかく動いて動き回って、県政復帰です。

[PR]
by fujisakitakeshi | 2009-02-09 11:08
<< さつま町の町長選挙に思う タイヨー建て替え中 >>