存続の危機に菊野君動く
b0039825_1712950.jpg

母校の柔道部が、とうとう部員が一人になってしまい、存続の危機に陥っています。後輩で格闘家の菊野克紀君が、たった一人になった部員を激励しようと柔道場を訪れました。他の体育系の部活も集まり、急きょミニ講演会になりました。菊野君、骨折した腕にを携えて、後輩へのメッセージを伝えています。部員が増えるといいのですが。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2011-11-14 17:01
<< 種子島・高崎酒造にて先輩と再会 伊敷検定研修会 >>