行ってみよう!小松帯刀の子孫の店
b0039825_814252.jpg

 東京出張のときの写真。維新の功労者である小松帯刀清簾の子孫が経営する定食屋です。鉄道敷設の際に、早世した小松の家族たちが生活に困らぬように、薩摩の関係者が、鉄道省専属の駅弁販売の権利を与えた話を何かの本で読んだことがあります。伺うと、確かにそのような話が伝わっているそうです。店の名は「品川ひおき」。中はビジネスマンや観光客でいっぱいです。黒酢からあげを食べました。なかには小松帯刀の写真が飾ってあります。みんな、行ってみよう!
[PR]
by fujisakitakeshi | 2012-01-28 08:14
<< 1月31日は薩摩の起源の日 さつま町で盛り上がる >>