遊休財産の有効な活用で、歳入確保を。
鹿児島県の遊休財産は、貸すなり売るなりして歳入確保に努めています。しかし、何せ公務員が不動産業をするようなもの。はっきり言って下手です。だけど、業務を執行するのは執行部=県職員。

 最大会派議員には、執行部を激励し、やり方を教え、助言をして、成果を上げさせる過程を見守る度量も求められています。

我が家の近く案件でいえば、伊敷交番跡地がどのように取り扱えばいいか、地元県議として、財産活用対策室に具体的に助言してます。

交通激しい3号線沿い、しかも狭い。個人住宅には向かないところをどう売るか、貸すか。腕の見せどころです。

b0039825_23171255.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-05 23:17
<< 鹿児島のまちの魅力アップへ 図書の横断検索 >>