カテゴリ:県議会のこと( 11 )
薩摩剣士隼人の活用による鹿児島の効果的PR
「県庁管理職の皆様は、始め薩摩剣士隼人のことをほとんど知らなかった」―薩摩剣士隼人と県庁各課とのコラボが進んでいます。役所と民間が共同で最大の効果を狙う官民協働(PPP)が訪れていて、薩摩剣士隼人は、鹿児島の効果的PRでまさに、その役割を担いつつあります。その推進の背景には、私の質問に対する議会答弁があります。
b0039825_955228.jpg

(藤崎)
 最近、世の中に負のスパイラルが非常に蔓延する中で、これは勢いがあるぞと感じるのが鹿児島中央駅周辺の活気ぶり、そして大手コンビニの出店ラッシュ、そして御当地ヒーロー薩摩剣士隼人の人気ぶりであります。
 薩摩剣士隼人に寄せる知事のさらなる期待と農畜産物の振興、そして教育的効果についての利活用などについて、わっぜわくわくするような答弁をお願いいたします。
(伊藤知事)
近年、ゆるキャラを活用いたしまして、地域の観光や特産品をPRする取り組みがふえており、本県では、さくらじまんやぐりぶーなどを活用してきました。
 薩摩剣士隼人は、敬天愛人の精神を持ち、人々を元気にするキャラクターとして人気が高まるとともにその活動を鹿児島のPRや地域の活性化に活用することを図りたいと考えておりますが、一局でなく、多くの局で地域振興に資するための多様な取り組みがなされることを今後期待しています。
(農政部長)
テレビ番組の薩摩剣士隼人では、かごしま黒豚やかごしま茶、タンカンなどをモチーフとしたキャラクターが登場し、子供たちが楽しみながら県産農産物に対しまして関心や興味を持つよい機会となっていると考えております。
 このため、県におきましては、かごしま食のフェスティバルにおきまして、薩摩剣士隼人ショーを開催し、複数のキャラクターに鹿児島の食の魅力を発信してもらうことにしています。
 キャラクターを農産物のPR等に活用することは、鹿児島の食に対する子供たちの理解促進や消費拡大などへの貢献も期待できることから、今後とも効果的な活用法を検討してまいりたい。
(教育長)
豪快でおおらかな、強く優しい薩摩隼人をモチーフとした薩摩剣士隼人は、子供たちに広く親しまれているキャラクターであると考えています。テレビ番組においては、伝統芸能や郷土史、偉人たちの思想や暮らしの知恵など、わかりやすく紹介していただいております。薩摩剣士隼人を初めとした郷土を素材にしたキャラクターを活用することについては、郷土教育や文化活動などを推進する上では、子供たちの関心を高め、理解を深めることにつながると考えております。
 私が質問通告をしたら、管理職の皆様は「薩摩剣士隼人」の答弁をつくるために一生懸命勉強して(笑)答弁を作ってくださいました。これにより、県庁内での隼人の知名度は一気に上がり、官民協働が進みました。写真は東京での鹿児島の夕べの様子です。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-31 09:04 | 県議会のこと
鹿児島県立図書館を救え!!

「鹿児島県立図書館を救え!!!」ー平成25年のこと。鹿児島県立図書館の書庫に余裕がないとの情報を小耳に挟み、質問してみました。すると、27年度末で満杯になるとの答弁でした。 

(藤崎)県立図書館は、百年に一度の本のお尋ねにも対応しなければならない保存図書館です。25年度末で書庫の収納可能冊数と、1年間にどれぐらいずつふえていくのか。
(教育長)
書庫の収容能力は約55万冊であり、平成25年度末で約52万6千冊を収納していることから、残りの収納可能冊数は約2万4千冊。1年間の増加冊数は約1万~1万2千冊程度であることから、スペースの有効的な活用のあり方、保存期間、保存方法の見直しなど幅広く検討中。
(藤崎)
平成25年度末で書庫の残り数が2万4千冊、1年間に1万から1万2千冊ふえるということは、単純計算でいくと、27年度末で満杯になるような見込みだという理解でよろしいか。
(教育長)
数字的にはそのとおりです。

 この質問が契機となり、県立図書館と県財政課との話が進み、平成27年度予算で、1億8800万円の書庫予算の提案があり、もちろん承認しました。これで本があふれかえらずに済みます!ヨカッタ!ヨカッタ!

 私は、最大会派におりますので、調整力・実現力で優位に立ちます。いろいろな情報を小耳に入れさせていただき、県政の推進に努めていきます。
b0039825_921034.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-28 09:01 | 県議会のこと
ご当地ヒーローが地方創生を提言する
「鹿児島・秋田・沖縄のご当地ヒーローが地方創生を提言するため、石破大臣に会いたい要望書」
昨年10月の自民党政経セミナーの講師に石破茂地方創生大臣が鹿児島に来たときに、会場からの誘導係でしたので、二人だけの瞬間に、このような要望書を(本当に)渡しました。
テレビの定番枠を持つ薩摩剣士隼人、超神ネイガー、琉神マブヤーの3人が、総理大臣官邸あたりにお邪魔して、この3県での独自の取組を紹介できないか、というものです。
残念ながら、まだお呼びはかかりませんが、最大会派所属の県議会議員として、何でも使えるチャンネルをフル活用して、地域のオリジナリティを創出した振興に取り組んでいきます。

b0039825_85631.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-26 08:55 | 県議会のこと
親学(オヤガク)の推進と鹿児島県家庭教育支援条例
b0039825_848221.jpg

 26年4月より施行された鹿児島県家庭教育支援条例―私が条例策定副委員長でした。

執行部提案ではない、議員提案条例は、実務作業を議員自身がしますので、議会に拘束される時間も長くなり、なかなか大変な作業でしたが、なんとかやり遂げました。

b0039825_8482367.jpg


 家庭の自主性を尊重しつつ、「親としての学び」「親になるための学び」を推進するための財政措置を規定しています。

b0039825_8484838.jpg

 条例制定過程で、私自身が親学(オヤガク)の研修会を受け、鹿児島県内第1号の「親学アドバイザー」になりました。
 国において「家庭教育支援法」が検討される中で、地方の立場で、家庭教育の大事さを伝え、引き続き支援を進めて参ります。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-19 08:47 | 県議会のこと
事務所開設!
b0039825_8451372.jpg

活動拠点となる私の自宅のある西伊敷に事務所をつくり、後援会活動を強力に推進しています。
事務所は小さく(>_<)スタッフは少なくても(^_^;)、訴求力・伝播力のある訴えを進めて参ります。
鹿児島市西伊敷3-1-4(タイヨー伊敷団地店隣)
TEL099-229-5321
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-15 08:43 | 県議会のこと
衆議院解散!?
衆議院が解散になりました。しかし、私自身のことも着々準備中です。本格的な後援会活動の拡大にむけて、「藤崎たけしの訴え」がほぼまとまりました。現在、印刷に取り掛かっています。各陣営の動きも激しく、遅れをとらないか心配しています。
b0039825_8394542.jpg
b0039825_84073.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-11-22 08:34 | 県議会のこと
藤崎たけしの取り扱い説明書
藤崎たけしの有効なつかい方(講演資料より)

1.県議会議員の身分
市または郡単位で選ばれる特別職公務員。鹿児島市からは17名。全県で51名。任期4年。
2.二元代表制のバランス感覚
知事=選挙で選ばれる。マニフェストで訴えた実現したことを実現したい。予算編成権あり。議会が予算を承認しないと、マニフェストは実現できない。
議員=選挙で選ばれる。自分なりに政策を訴えて当選。予算編成権なし。予算の承認のための議決権を盾に、訴えた内容の予算編成化をめざす。
※予算の承認が必要なため、過半数を制する会派=自民党の発言力が強くなる。
3.県議の所轄範囲はいっぱいある。県議会議員は、県の行政事務のチェック役。また、予算を決定する議決機関。
 県の許認可書類、県教委の書類、県の発注工事、県の委託業務、県警に関する届け出、許認、業務全般。(信号、交通規制関係)、県の外郭団体に関すること
 ※調査したり、要望したりすることができます。
 
4.県政上の課題の解決は手段は複数ある。
・県庁の担当課に対して、藤崎同伴で要望活動をおこなう。
・県議会という公開の場で質問という形で改善を迫る。
5. 藤崎的オプション
・業界団体の動向調査
・異業種の業界とのマッチング
・各種必要な人脈の紹介(国会、市議、地方選出県議、企業経営者・・・)
6.相談・要望活動の流れ
 (1)メールで事情をご連絡いただく。
 (2)メールを送った旨、ご一報いただく、。
 (3)直接面会してお話を伺う日程調整をする。
 (4)面会場所(伊敷事務所か鴨池新町県議会等)と日時を決める。
 (5)面会して詳しく事情を聞き、相談内容の緊急性を判断し、要望活動のやり方を決める。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-11-13 08:29 | 県議会のこと
指定管理者制度の功罪
 地方自治法が改正されて、指定管理者制度が導入されてから9年あまり。6月議会のときに、総務委員会で特定調査をおこないました。

 その結果、鹿児島県の県有施設で36施設で指定管理が進んでいることがわかりました。みなさまのおなじみの施設もあるかと思います。

 指定管理者制度になり、県の外郭団体独占だったものが、民間との競合になり、運営費が下がってサービスが向上した面もあります。

 一方で、雇用の流動化が進んでしまった側面、施設の建設当時からのことを含めて施設のことを何でも知っている熟練工みたいな方がいなくなり、施設に対する愛着度が薄れている側面なども伺えました。
b0039825_8251653.jpg
b0039825_8252413.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-08-18 08:23 | 県議会のこと
乳幼児の虫歯は親の責任!
乳幼児の虫歯は親の責任!鹿児島県は実は乳幼児の虫歯率が全国的に見て高いのです。
都道府県別むし歯有病者率のランニングで1歳6か月児はワースト3位以内、3歳児はワースト15位以内となっています。祖父母が孫が喜ぶからと言って、おやつをやたらめったら与えたりするのもあまりいいことではありません。
親がきっちり、時間を決めてルール化した食生活が必要ですし、歯を磨かせる習慣も必要です。親の心構えしだい。「親学(おやがく)」の一環になるかと思います。
口腔に関する条例を作成する方向で県議会が動き出しました。
b0039825_8225377.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-29 08:22 | 県議会のこと
鹿児島県民の県民所得の推移
県民所得全国33位へ。私たちが子供のころは、47都道府県中、46位とか45位とか呼ばれていた県民所得。なんと、33位にまで上昇しました。ほ~

b0039825_820922.jpg

 写真は「1人あたり県民所得・全国順位の推移」です。黄色が土屋県政、緑が須賀県政、赤が伊藤県政です。詳しい分析は、県庁HPへ。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-26 08:18 | 県議会のこと