<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
乳幼児の虫歯は親の責任!
乳幼児の虫歯は親の責任!鹿児島県は実は乳幼児の虫歯率が全国的に見て高いのです。
都道府県別むし歯有病者率のランニングで1歳6か月児はワースト3位以内、3歳児はワースト15位以内となっています。祖父母が孫が喜ぶからと言って、おやつをやたらめったら与えたりするのもあまりいいことではありません。
親がきっちり、時間を決めてルール化した食生活が必要ですし、歯を磨かせる習慣も必要です。親の心構えしだい。「親学(おやがく)」の一環になるかと思います。
口腔に関する条例を作成する方向で県議会が動き出しました。
b0039825_8225377.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-29 08:22 | 県議会のこと
鹿児島県民の県民所得の推移
県民所得全国33位へ。私たちが子供のころは、47都道府県中、46位とか45位とか呼ばれていた県民所得。なんと、33位にまで上昇しました。ほ~

b0039825_820922.jpg

 写真は「1人あたり県民所得・全国順位の推移」です。黄色が土屋県政、緑が須賀県政、赤が伊藤県政です。詳しい分析は、県庁HPへ。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-26 08:18 | 県議会のこと
鹿児島県民のパスポート取得率と国際化について
b0039825_816832.jpg


 交流人口増大へむけて。全国の地方空港の国際線乗り入れ状況を見ますと、1福岡2新千歳3那覇4仙台5広島6岡山、鹿児島空港は第7位。4路線(ソウル・上海・台北・香港)11便が飛んでいます。地方空港のなかでは、明らかに優位に立っています。乗降客数でも14位となかなかの成績です。

b0039825_8161539.jpg


 しかし、パスポート取得率でいうと全国42位。鹿児島空港は、熊本県南部・宮崎県南部の皆様も使っていますが、両県よりも下。やはり、県民性によるものでしょうか。

 大学時代は東京で過ごした際、岩崎学生寮のメンバーが夏休みになるとバックパッカーとして旅立ち、私もその一員でありました。台湾・香港・中国と1カ月旅したとこもあり、国際化にはかなり興味があります。

 なぜパスポート取得率が低いのか??鹿児島の県民性は、世代ごとにこれから変わってくるのでしょうが、ビジネスに観光に、相互交流が進み、鹿児島経済の活性化につながることを期待します。

 伊藤知事が定例記者会見でこう述べています―「レディー・ガガが鹿児島のスーパーアリーナに来て、香港や上海から一気に皆さん方が飛んでくる、これを考えられませんか。そういう時代になるのだろうと思うのです」ーうむ、なるほど!
[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-15 08:15 | 県議会のこと
1968年当時の「20年後のかごしま」
b0039825_8101972.jpg


1968年(昭和43年)の人が描いた「20年後のかごしま」。金丸知事時代の頃にできた鹿児島県主要開発展望図です。

へえ~当時の方はこんなふうに考えていたのかと思います。

b0039825_8104063.jpg


「国鉄新幹線」→日豊線寄り大口あたりを通るような案だった!
「薩摩用水」→川内川から間之瀬川へ南北縦断用水路案があった!
「錦江湾一周自動車道路」→一部は指宿スカイラインで実現!
「東九州自動車道」→桜島経由で志布志行きのルートだった!
「志布志湾臨海重化学工業地帯」→当初は志布志湾を全部埋め立てるような案だった!
「鹿児島湾臨海工業地帯」→与次郎から喜入までずっと埋め立てる案だった!
金丸知事が設置した鹿児島県開発計画会議(会長:鮫島志芽太南日本新聞社専務取締役)が策定したものです。産官学マスコミまで巻き込んで策定したこの案に当時の決意が伺えます。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-12 08:06 | 薩摩の歴史のこと
鹿児島のまちの魅力アップへ
住吉町15番街区。鹿児島市の中心市街地内にある県有地の遊休地です。この土地の再開発をどうするのかが、注目されています。

昨年度、ある医療法人が取得意向と新聞報道されましたが、まだ決まってもいません。

私の訴える「鹿児島のまち、これから6年が勝負のとき」にはここの再開発も含まれています。

鹿児島が九州第二の県庁所在地として、魅力磨きの地域間競争に勝てるようなものを作るように運動していきます。

b0039825_23193982.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-05 23:20
遊休財産の有効な活用で、歳入確保を。
鹿児島県の遊休財産は、貸すなり売るなりして歳入確保に努めています。しかし、何せ公務員が不動産業をするようなもの。はっきり言って下手です。だけど、業務を執行するのは執行部=県職員。

 最大会派議員には、執行部を激励し、やり方を教え、助言をして、成果を上げさせる過程を見守る度量も求められています。

我が家の近く案件でいえば、伊敷交番跡地がどのように取り扱えばいいか、地元県議として、財産活用対策室に具体的に助言してます。

交通激しい3号線沿い、しかも狭い。個人住宅には向かないところをどう売るか、貸すか。腕の見せどころです。

b0039825_23171255.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-05 23:17
図書の横断検索
 質問したら、その後実現したものを紹介します。「横断検索」

 平成16年12月に質問・提言し、その後予算が確保され、実現しています。図書の検索をかけると、県立図書館や市町村立図書館等複数の図書館で検索をかけられます。

鹿児島県立図書館横断検索システム

【質問全文:横断検索といいますのは、県立や市町村立あるいは学校の図書館を一つのデータベース化しまして、読みたい本を全県下のうちどこの図書館にあるか検索できるものでございます。

宮崎県や山口県では既に導入されております。鹿児島県立図書館における図書購入費は、平成十三年度は五千五百万円、十四年度と十五年度は五百万円減の五千万円、それに伴いまして購入冊数も減っております。

十三年度が二万二千冊、十四年度が約二万冊、十五年度が一万九千冊です。また、県内の公立図書館、市町村立図書館全体での図書の購入費を見ますと、平成十三年度が三億円、十四年度は二億八千万円、十五年度で二億七千万円とこちらも減少し、それに伴い購入冊数も減少しております。

これだけ県内全体で購入される本の冊数が減少傾向にあるわけですから、特に高価な専門書などは県内全体で共有していくといった方針を打ち立てる必要があるかと思います。

 具体的に申し上げますと、こちらの議会図書館を含む県内の公共図書館と大学の図書館など、すべての図書館の蔵書を総合した目録をインターネット上で構築し、そして必要に応じて相互に貸し出し体制ができるような図書館サービスの充実を目指すといった方針を検討してはいかがかと思いますが、教育長の考え方をお示しください】

[PR]
by fujisakitakeshi | 2014-06-05 23:16