<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
薩摩剣士隼人の活用による鹿児島の効果的PR
「県庁管理職の皆様は、始め薩摩剣士隼人のことをほとんど知らなかった」―薩摩剣士隼人と県庁各課とのコラボが進んでいます。役所と民間が共同で最大の効果を狙う官民協働(PPP)が訪れていて、薩摩剣士隼人は、鹿児島の効果的PRでまさに、その役割を担いつつあります。その推進の背景には、私の質問に対する議会答弁があります。
b0039825_955228.jpg

(藤崎)
 最近、世の中に負のスパイラルが非常に蔓延する中で、これは勢いがあるぞと感じるのが鹿児島中央駅周辺の活気ぶり、そして大手コンビニの出店ラッシュ、そして御当地ヒーロー薩摩剣士隼人の人気ぶりであります。
 薩摩剣士隼人に寄せる知事のさらなる期待と農畜産物の振興、そして教育的効果についての利活用などについて、わっぜわくわくするような答弁をお願いいたします。
(伊藤知事)
近年、ゆるキャラを活用いたしまして、地域の観光や特産品をPRする取り組みがふえており、本県では、さくらじまんやぐりぶーなどを活用してきました。
 薩摩剣士隼人は、敬天愛人の精神を持ち、人々を元気にするキャラクターとして人気が高まるとともにその活動を鹿児島のPRや地域の活性化に活用することを図りたいと考えておりますが、一局でなく、多くの局で地域振興に資するための多様な取り組みがなされることを今後期待しています。
(農政部長)
テレビ番組の薩摩剣士隼人では、かごしま黒豚やかごしま茶、タンカンなどをモチーフとしたキャラクターが登場し、子供たちが楽しみながら県産農産物に対しまして関心や興味を持つよい機会となっていると考えております。
 このため、県におきましては、かごしま食のフェスティバルにおきまして、薩摩剣士隼人ショーを開催し、複数のキャラクターに鹿児島の食の魅力を発信してもらうことにしています。
 キャラクターを農産物のPR等に活用することは、鹿児島の食に対する子供たちの理解促進や消費拡大などへの貢献も期待できることから、今後とも効果的な活用法を検討してまいりたい。
(教育長)
豪快でおおらかな、強く優しい薩摩隼人をモチーフとした薩摩剣士隼人は、子供たちに広く親しまれているキャラクターであると考えています。テレビ番組においては、伝統芸能や郷土史、偉人たちの思想や暮らしの知恵など、わかりやすく紹介していただいております。薩摩剣士隼人を初めとした郷土を素材にしたキャラクターを活用することについては、郷土教育や文化活動などを推進する上では、子供たちの関心を高め、理解を深めることにつながると考えております。
 私が質問通告をしたら、管理職の皆様は「薩摩剣士隼人」の答弁をつくるために一生懸命勉強して(笑)答弁を作ってくださいました。これにより、県庁内での隼人の知名度は一気に上がり、官民協働が進みました。写真は東京での鹿児島の夕べの様子です。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-31 09:04 | 県議会のこと
鹿児島県立図書館を救え!!

「鹿児島県立図書館を救え!!!」ー平成25年のこと。鹿児島県立図書館の書庫に余裕がないとの情報を小耳に挟み、質問してみました。すると、27年度末で満杯になるとの答弁でした。 

(藤崎)県立図書館は、百年に一度の本のお尋ねにも対応しなければならない保存図書館です。25年度末で書庫の収納可能冊数と、1年間にどれぐらいずつふえていくのか。
(教育長)
書庫の収容能力は約55万冊であり、平成25年度末で約52万6千冊を収納していることから、残りの収納可能冊数は約2万4千冊。1年間の増加冊数は約1万~1万2千冊程度であることから、スペースの有効的な活用のあり方、保存期間、保存方法の見直しなど幅広く検討中。
(藤崎)
平成25年度末で書庫の残り数が2万4千冊、1年間に1万から1万2千冊ふえるということは、単純計算でいくと、27年度末で満杯になるような見込みだという理解でよろしいか。
(教育長)
数字的にはそのとおりです。

 この質問が契機となり、県立図書館と県財政課との話が進み、平成27年度予算で、1億8800万円の書庫予算の提案があり、もちろん承認しました。これで本があふれかえらずに済みます!ヨカッタ!ヨカッタ!

 私は、最大会派におりますので、調整力・実現力で優位に立ちます。いろいろな情報を小耳に入れさせていただき、県政の推進に努めていきます。
b0039825_921034.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-28 09:01 | 県議会のこと
地域要望
「すっきりなった幸加木川」
b0039825_9016.jpg


県政には地域の課題もあります。幸加木川は、伊敷地区を流れる甲突川の支流です。小野町内会連合会から要望が出されていた幸加木川の伸びすぎた葦の除去と寄洲除去が3月上旬で完了しました。
 流路が80%以上塞がれ、大雨の時心配。葦が伸びすぎて、ゴミのポイ捨てを誘発してました。しかも煙草でも投げ込まれたら、火災にならないかと悩みの種でした。
 鹿児島地域振興局に足しげく通い、予算の確保を要望し続け、昨夏台風が来なかったことで、保留していた災害対策予算の執行留保が解除になったのにあわせ、予算を捻出していただきました。
 
b0039825_901531.jpg

 「川がスッキィナッタガ~」とお声をかけていただきますと、地元選出県議として、これほどうれしいことはありません。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-26 08:58 | 西伊敷のこと
ご当地ヒーローが地方創生を提言する
「鹿児島・秋田・沖縄のご当地ヒーローが地方創生を提言するため、石破大臣に会いたい要望書」
昨年10月の自民党政経セミナーの講師に石破茂地方創生大臣が鹿児島に来たときに、会場からの誘導係でしたので、二人だけの瞬間に、このような要望書を(本当に)渡しました。
テレビの定番枠を持つ薩摩剣士隼人、超神ネイガー、琉神マブヤーの3人が、総理大臣官邸あたりにお邪魔して、この3県での独自の取組を紹介できないか、というものです。
残念ながら、まだお呼びはかかりませんが、最大会派所属の県議会議員として、何でも使えるチャンネルをフル活用して、地域のオリジナリティを創出した振興に取り組んでいきます。

b0039825_85631.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-26 08:55 | 県議会のこと
鶴丸城の御楼門復元計画
b0039825_8532454.jpg

「城博士になって鶴丸城を復元したい」ー私は小学4年のときの学級文集にこう書いています。本当にそうなってきました(驚)

 島津氏の居城だった鶴丸城の御楼門復元が話題になっています。ちなみに、近くの中央公民館の緞帳は、鶴丸城です。一度ご覧いただけると良いかと思います。
b0039825_8531475.jpg

 復元費用7億5000万のうち、経済界が中心になって4億5000万円以上集めているのを受けて、鹿児島県も動き出しました。26年度は、御楼門が乗っかる予定の石垣が過重に耐えられるかの調査と石垣の修復費用を出しました。

 私は、この案件を取り扱う総務委員会委員長でしたので、委員長権限で御楼門跡を視察箇所に選定し、今度の復元作業が超党派の理解をいただける下地づくりをしました。

 また先日27年度予算のうち復元関係の1億5000万円の予算を総務委員会で認め、さらに本会議で承認しました。また、御楼門だけでなく、左側の御隅櫓(オスミヤグラ)の復元も知事が決断し、発掘調査予算も承認しました。
b0039825_8522648.jpg

 鹿児島のまちに御楼門があったのは260年余り、なかったのはこの140年であります。実は御楼門を見た人の方が多いのです。
 これからが大波小波、各方面の調整が必要です。薩摩の気概でやりぬきます。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-24 08:52 | 薩摩の歴史のこと
地方自治コイン
「西郷隆盛、硬貨デザインに採用ならず!」―地方自治法60周年にあわせて造幣局が地方自治コインを出しているとのことで、調べたところ、裏面は全国共通。表面は各県ごとにデザインを推薦し、国と協議することがわかりました。
高知県は坂本龍馬、佐賀県は大隈重信だったので、「鹿児島県は西郷隆盛でしょ!」と思い、県議会で質問しました。
ー県議会での質問ー
【藤崎質問】硬貨のデザインについて一言御意見申し上げます。他県のコインの中には、一つのデザインの中に三つの要素を盛り込んだものもございます。二枚とも屋久島だけではなく、例えば一枚を郷土の偉人西郷隆盛もしくは島津斉彬などにできないものでしょうか。
【環境林務部長答弁】貨幣のデザインについては、発行テーマである屋久島に関する素材で統一することを基本と、桜島や西郷隆盛などの意見もあり、これを国へ提出していきます。
 県まではよかったのですが、その後、財務省の見解が保岡事務所を通じて示されました―「西郷隆盛には顔写真がないから難しい」ーそこが来たか!!!う~ん残念!!!
 平成25年、地方自治コイン、鹿児島版のデザインは屋久島世界遺産登録記念の1000円銀貨と桜島の500円硬貨になりました。藤崎たけし、これからも気づいたことは、どんどん提案し、チャレンジしていきます。
b0039825_8505688.jpg
b0039825_851436.jpg

[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-21 08:50
親学(オヤガク)の推進と鹿児島県家庭教育支援条例
b0039825_848221.jpg

 26年4月より施行された鹿児島県家庭教育支援条例―私が条例策定副委員長でした。

執行部提案ではない、議員提案条例は、実務作業を議員自身がしますので、議会に拘束される時間も長くなり、なかなか大変な作業でしたが、なんとかやり遂げました。

b0039825_8482367.jpg


 家庭の自主性を尊重しつつ、「親としての学び」「親になるための学び」を推進するための財政措置を規定しています。

b0039825_8484838.jpg

 条例制定過程で、私自身が親学(オヤガク)の研修会を受け、鹿児島県内第1号の「親学アドバイザー」になりました。
 国において「家庭教育支援法」が検討される中で、地方の立場で、家庭教育の大事さを伝え、引き続き支援を進めて参ります。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-19 08:47 | 県議会のこと
スーパーアリーナ整備についての一考察
b0039825_846884.jpg

 国民体育大会にあわせたスーパーアリーナ整備について、「鹿児島市案」が浮上したものの、いったん撤回になりました。
私はやはり鹿児島市にあるべきだと思いますし、離島の地方自治体からは「鹿児島市に作ってほしい」、また室内競技団体からも「鹿児島市に作ってほしい」と要望があがっています。
この鹿児島湾岸沿いの会社の朝礼にお邪魔すると、その話が必ず出ます。鹿児島市区選出県議として、鹿児島市に誘致すべく、各方面の調整に、力を発揮して参ります。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-17 08:45
事務所開設!
b0039825_8451372.jpg

活動拠点となる私の自宅のある西伊敷に事務所をつくり、後援会活動を強力に推進しています。
事務所は小さく(>_<)スタッフは少なくても(^_^;)、訴求力・伝播力のある訴えを進めて参ります。
鹿児島市西伊敷3-1-4(タイヨー伊敷団地店隣)
TEL099-229-5321
[PR]
by fujisakitakeshi | 2015-03-15 08:43 | 県議会のこと