タグ:自民党 ( 3 ) タグの人気記事
鹿児島市内を青年行動隊で遊説
b0039825_21184929.jpg

菅内閣が発足して、政局が変わろうとしています。そんな中で自民党の青年グループでの遊説が組まれました。今日は自民党県連の遊説車あさかぜに六人が乗り込み、交代でマイクを握りながら、公認候補の野村哲郎氏の紹介をし、自民党の政策を訴えました。手を振り返してくださる方や、クラクションを鳴らしてくださる方など、そこそこの手応えを感じました。灰も降らずに絶好の遊説日和でした。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2010-06-08 21:18
元気を出せ自民党
b0039825_8455887.jpg

自民党鹿児島市支部の大会がありました。会場には400名近い人が集まっています。いろいろあった議案のなかで象徴的だったのは党員が減少している件でした。自民党の魅力とやる気を見せれば、必ず自民党は再生していくはず。頑張ってほしいものです。私は役員改選で青年局長に選ばれました。これからを担う青年層へ理解を深めてもらう担当です。まずは政策づくりのための懇談会を計画します。
[PR]
by fujisakitakeshi | 2010-05-02 08:45
いつごろになりますかね?
b0039825_11494163.jpg

新年明けてからも、挨拶まわりを続けていますが、よく出先で「衆議院選挙はいつごろありますかねえ?」と聞かれることが多いです。「われわれ地方の自民党員にはテレビの報道で知る情報しかないですね」としか答えようがないです。
たしかに国政での自民党の混迷ぶりにはうんざりすることがあります。またそれを煽るようなワイドショーの報道にはもっとうんざりです。

作家海音寺潮五郎はある本に寄せた序文のなかでこういうことを書いています。「明治以来―といっても、議会がはじまってからのことですが、日本人にはだんだんいやな習慣が出来ました。政治当局者の発言の根本の趣旨を問題にせず、ことばの末の揚足とりをして攻撃し、民衆を扇動するという習慣です。卑しい、いやなやり方ですが、こんな人間を闘士だとか何とか世間で言いはやすものですから、やたらさかんになりました」これが昭和49年の文章ですから、事態はもっと悪化している感があります。
そんななかではありますが、少しずつですが、私自身の活動も兼ねて写真の看板設置をお手伝いしています。今、50枚ほど貼ったでしょうか。

私自身の名前も掲示されるので、私の活動活発化と同時に増やしていきます。

[PR]
by fujisakitakeshi | 2009-01-24 11:49