人気ブログランキング | 話題のタグを見る

桂庵禅師の偉業を知る

 伊敷地域の文化講演会があり、成人学級の一員として参加した。今回は、伊敷町の仮屋には1508年に亡くなった桂庵禅師の墓がある。その桂庵禅師のすごさについて、鹿児島大学の東先生が話をされた。

 東先生の話は非常に軽妙なタッチでひきつけるものがあった。ときおり混ぜる冗談話も面白く、しかもある程度脱線したら、すぐに本論に戻すなど非常に話術に長けていた。

 先生の話のなかでキーポイントをまとめると、「現在日本の道徳の基本になったのは、江戸時代の朱子学。明治維新を起こした鹿児島のメンバーもこの朱子学を学んでいた。朱子学が江戸で学問として成立する100年以上前から、桂庵禅師の薩南学派は学問として成立していた。その桂庵禅師を大切したのは伊敷の人である!だから、伊敷の人なくして、明治維新はなく、また現代日本もなかったはずだ」ということだった。

 この説、なかなか面白く、非常にためになった。


 明日から、鹿児島県産材を使った住宅建築の実績の視察のため、韓国に行きます。11月3日まで日記は休みます。よろしくお願いします。
by fujisakitakeshi | 2004-10-30 22:38